2016年03月26日

祝 北海道新幹線の開通

北海道と本州をつなぐ北海道新幹線の新青森―新函館北斗間(149キロ)が3月26日、開業した。
東北新幹線と直通運転し、東京と新函館北斗は最速4時間2分、仙台と新函館北斗は2時間30分で結ばれる。
1964年の東海道新幹線開業から半世紀、九州から北海道まで新幹線で移動できるようになった。

 JR新函館北斗駅(北海道北斗市)であった出発式で、JR北海道の島田修社長が「北海道民の夢と期待を乗せた北海道新幹線。安全運行を最大限心掛けていく」とあいさつした。

 午前6時35分、上り一番列車の東京行き「はやぶさ10号」が満席の予約で出発。新型のH5系車両(10両編成)を見物客らが拍手で見送った。

今後の運行は、臨時列車を除いて1日13往復。「はやぶさ」は新函館北斗と東京まで10往復、仙台までを1往復し、新函館北斗と盛岡、新青森を1往復ずつ「はやて」が結ぶ。

 東京−新函館北斗の運賃と特急料金の合計は、22,690円(通常期、普通車)。東京から函館までの最短所要時間は、アクセス列車「はこだてライナー」への乗り換えを含めて4時間29分となり、従来のダイヤより、53分短縮されるという。

 今日の北海道西半分は大騒ぎ状態。北海道新幹線は道民が半世紀もの間待ち焦がれていたのだ。しかし道民にとっては大喜びの部分と冷めた部分があるのは如何なものか。
 我々に道民にとって引っかかるものになぜ「新函館北斗駅」なのか。長いトンネルを抜けるとそこは駅以外何もない「新函館北斗駅」があった・・・。これから先もあまり期待できない北斗駅なのだ。我々道民は「新函館駅」が良いという意見が圧倒的であったにもかかわらず北斗市のごり押しでこのような長たらしい名前になったのだ。
 
 2つ目は北海道新幹線 新函館北斗ー札幌間は、平成42年度末(2030年度末)開業予定だそうだ。そのころには北海道の爺さんばあさんは雲の上から眺めるよりないのである。
 3つ目はJR北海道は4つの労組が強くて、運行管理については道民からも信用されておらず、事故多発地帯とも言える状態にある。JR北海道はちゃんと運行管理ができるのだろうか。

 とはいうものの北海道と九州が新幹線でつながったということは歴史的一日ともいえるので、おめでたいことである。
 おめでとう!!!


 
posted by 木漏れ日 at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正論も言えない言葉狩りの時代

全校集会で「女性にとって最も大切なことは子どもを2人以上産むことだ」などと発言した大阪市立中の男性校長(61)が市教育委員会に進退伺を提出したとのこと。
校長は取材に「発言が報道され、市民らからの電話対応などで教員らが忙殺され、業務を停滞させた責任を感じた。処遇は市教委に委ねる」と説明。発言については「今でも間違っていないと考えている」と強調したという。

「モノ言えば唇寒し春の嵐」とでも言おうか・・・。最近は国会においても政治家が巫女さん発言や総務大臣の放送禁止発言があり喧しい世情である。
問題になっている発言はその真意を真摯に受け取れば何ら問題がないのではなかろうか。
巫女さんにしても心の中とは違っても「頑張ってください」の一言で済む話ではないのか。それを神社にお参りしてくれた人に「私は自民党が好きではありません」はないだろうに・・・。
総務大臣の発言にしても法律にのっとりその趣旨を発言したのであり、民主党時代にも当時の大臣が同じ発言をしていたにもかかわらず、民主党は選挙用に曲解して問題視している。
 今回の校長の「女性にとって最も大切なことは子どもを2人以上産むことだ」発言は日本の将来に危機感を感じた教育的発言だとは思いませんか。
こういう時に必ず出てくる発言に、「産みたくとも産めない体の人もいる。」「女性蔑視だ」「他人に言われたくないね」とか・・・。
教育現場において教育者が「理想の家庭像」を発言してはいけないのだろうか。世の中本人にとって嫌な発言があったとしても聞き流す知恵も必要ではないだろうか。
 
 誰か正論をビシッと発言してくれる評論家でも出てくれないものだろうか。
眉毛の吊り上がったキャンキャン叫ぶ四角い顔した女権拡張主義者たちの口撃が怖くて立ち上がる人はいないだろうね・・・。三宅さんよ! あの世から復活したらどうですか・・・。
posted by 木漏れ日 at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

またもや出た巨人軍の野球賭博

 読売巨人軍の高木京介投手が野球賭博に関与した問題で、巨人軍は10日、野球協約180条(出場しない試合に賭けをすること)に該当するとして、日本プロフェッショナル野球組織(NPB)の熊崎勝彦コミッショナーに告発した。

 告発の対象は、高木京投手が2014年4月下旬から5月上旬にかけ、当時同僚だった笠原将生(しょうき)・元投手に誘われ、プロ野球の計8〜9試合で賭けをした行為。賭けは笠原氏を介し、飲食店経営者を相手に行っていたとされる。(読売3月10日)

 前回の3名の追放に引き続き現役選手が泣きの会見をした。
通算317勝左腕・鈴木啓示氏(68=スポニチ評論家)が八百長の誘いを断った際 の生々しいやりとりが教材として紹介されている。ということは野球賭博は昔から続いており名声とお金と女に絡む野球界の持病みたいなものである。

 それにしても引っかかるのは名監督の名声を欲しいままにして引退したというか辞めさせられたのが原監督である。
通常警察がらみダーティな話は組織が大きい程、何か月も前にトップには入っていて対策を練ってから発表するものである。

 巨人としては原監督は暴力団がらみの一億円事案があり、公になる前に監督を辞めさせクリーンというかパッとしない高橋由伸に巨人軍の監督をやらせカモフラージュし、例の3人組を人身御供にさらし、これで幕を引こうと思ったら、度胸なしの高木投手が暴力団の脅しにブルって白状してしまったというのが実情であろう。
ついでに言うならばシャブ付けの清原は巨人軍時代にすでにやっていたというし、その仲介人が元巨人の野村貴仁選手である。
開幕前にこれで幕引きをしたい巨人であるが、まだまだ膿は出し切っていないと思うよ。
巨人軍首脳部はこれで終わりにしたいと思っているだろうが、皆さんはどう思いますか?
posted by 木漏れ日 at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする