2016年10月31日

短期決戦型の栗山監督と長期決戦型の緒方監督の違い

日本ハムが10年ぶりの日本一を決めた29日の「SMBC日本シリーズ2016 広島・日本ハム第6戦」(マツダ)の平均視聴率が、日本テレビで25・1%を記録し、月間全局トップ(30日集計まで)の数字だったという。
それほど日本全国で夢中になってTVに噛り付いていたということになる。
2戦目までは広島の勢いは止まることを知らず、これは広島の勝ちだな! と6割7割の人が思っていたかもしれない。
ところが3戦目から5戦目の戦い方を見ると同じパターンでカープが負けている。カープの緒方監督はシーズン中と同じ戦い方にこだわっているのに対し、ファイターズの栗山監督は短期決戦だと割り切って臨機応変に戦っていた。
 栗山監督は西川が不調だと見ると1番に岡を入れて、西川を2番に回したり、陽岱鋼が不調なのも見極め、第3戦以降はスタメンから外していた。ファイターズファンから見たら”おいおい 陽岱鋼を外すのかよ FAで出す決心をしたな”ぐらいに観ていた。
 一方それに比べ緒方監督は頭が固まってしまったのかと言いたくなるくらいワンパターンで ”なんだよ惨敗の方程式をまたやるのかよ 彼は単なる頑固者でシーズン中の勝ちパターンにこだわっているのじゃないか・・・。”
チームの勢いや選手の不調、試合の流れを読み切れない指揮官は、短期決戦の遭遇戦には勝てないのがセオリーです。
 万年ドベばっかりだったチームにとっては選手自体も舞い上がってしまって、力んでしまったと言えるかもしれませんね。
 日ごろは栗山監督のエエカッコしいが嫌いな私ですが、この日本シリーズの采配ぶりは”あんたの勝ち!”と認めざるを得ないですね。
”ハム屋さん 優勝おめでとう!!!”
posted by 木漏れ日 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

「土人」発言の機動隊員に同情する

沖縄県の米軍北部訓練場のヘリパッド移設工事をめぐり、現場を警備する大阪府警の警備隊員が工事反対派に「土人」と発言したことが問題になっている。
 だが反対派のプロ市民と言われる人たちの罵詈雑言はいつものパターンであるが記事にはなっていない。

 ニュースやユーチューブ等で見る反対派の罵詈雑言と言おうか悪態は聞き捨てならないものがある。
 ある沖縄県警の機動隊員は反対派の活動家から「おまえの子供を学校に通わせなくしてやる」「八つ裂きにしてやる」と言われたと明かす。休日に家族と買い物をしていると、出くわした反対派から「こんなところで何をやっているんだ」と難癖をつけられたこともあるという。

 沖縄返還時、自衛隊員の家族に対して市役所の職員が住所変更届を受け付けなかったり、教員が自衛官の子弟に対し人殺し発言をしたりしたことを思い出す。
唯の言葉遊びではなく、実行に移すのが沖縄であることを知っている今回の暴言を吐いた機動隊員は、日ごろのこうした状況に耐えられなかったのかもしれないと同情する。

 左翼の人たちは相手に対して聞くに堪えない悪口をたたいても自分たちに対する攻撃は許さないというパターンは在日からの日本へのヘイトスピーチは許すが、自分たちへの攻撃は許さないというマスコミ。
蓮舫、山尾志桜里、福島瑞穂、辻元清美の4熟女に対する反論はもっての外という空気観。
皆さんはどう考えますか!!!。
posted by 木漏れ日 at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

プッツン爺さん

 周りを見るとすぐにカッカするお年寄りが目につく。
何でそんなにすぐキレるのと若いころは疑問に思っていた。
私もヒト並みに無駄な歳月を過ごし、それなりの歳になった時にハタと気が付いたが、自分もキレやすくなっていたのだ。
後で考えるとつまらないことで他人様に不快な思いをさせていたことがあった。
「あ〜ぁ 俺も怒れる年寄りになったか・・・」とため息をつく。

 病院の待合室の出来事
歳のころは古希を過ぎた車いすの爺さん。
糖尿病を患っているらしく経口薬とインスリン注射の処方を看護師から受けていた。
ところがこの爺さん突然大きな声で看護師を叱りつけた。
「お前は何をやっているんだ」
「注射針がいつもと違うじゃないか。俺のは青い箱に入っている奴だ。それは緑の箱じゃないか」
「すぐ取り換えて来い!」
 看護師は慌てて注射針の交換に走った。
その間5分ほど
 爺さんの独白
「注射針を間違えるなんてとんでもない奴だ」
「これは命にかかわることだ・・・」
「あの看護婦は何を見ているんだ! まったく!!!」
これを延々と聞かされていささか疲れてしまった。

 年寄りは何故すぐキレるのか・・・。
・若い時と違ってパッパッと行動に移せない。
・物忘れが多い。
・プライドの高い人ほど失敗を懼れる。
・他人から指摘されるのが嫌なので絶対間違いをしたくない。
・間違いが嫌なのでしつこく何度も確認する。
・自分は完全を求めて努力しているため、他人の失敗が許せない。
・思い込みが激しく頑固。
等々 色々あるでしょうが、”年寄り扱いをされたくない” に尽きるでしょう。
年をとっても何を言われても”平常心・・・平常心”
都合の悪い時は”聞こえないふり”
これが一番ですぞ! ご同輩!



posted by 木漏れ日 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする