2017年01月25日

稀勢の里 横綱へ

 日本相撲協会は25日、東京・両国国技館で春場所の番付編成会議と臨時理事会を開き、初場所で初優勝を飾った大関稀勢の里(30)(田子ノ浦部屋)の第72代横綱への昇進を正式に決めた。
 日本出身力士の新横綱昇進は、1998年夏場所後の3代目若乃花以来、19年ぶりという。日本国民が待ち望んでいた日がとうとうやって来た。
 今までの稀勢の里を見ていると肝心な時に勝てないで準優勝ばかり、”蚤の○○か!”いや失礼”蚤の心臓”かと罵倒していたのだ。
しかし今場所の千秋楽”対白鵬戦”はまさに留飲を下げる一戦であった。
白鵬が必死になって寄り切ろうとする姿、それを稀勢の里は土俵際 耐えて耐えて左手で土俵に捻り落したのだ。
それはまるで白鵬と稀勢の里の大関時代の相撲を彷彿とさせる一番であった。

白鵬に勝ってよかったね。
これで大関時代の悔しい思いを切り捨てて、今後は堂々たる横綱相撲をとってくれ。
posted by 木漏れ日 at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

年賀状は"年に1度のご挨拶"

年賀状を出す人が平成15年を境に年々減っているという。
昔勤務地が一緒だったというだけで何十年と賀状交換が続いている人。
旅先であった人は顔も忘れているのに、「お元気ですか」の添え書きだけの付き合いの人もいる。
老齢のため来年からの賀状は失礼させてもらいます。と断りを入れてくる人もおり、若干寂しさを感じることもある。

一番困るのは名字だけは正しいが名前を間違えてくる人。
この人には過去に一度だけ宛名をご確認してくださいと添え書きをしたが、相変わらず名前を間違えたまま来る。きっとPCの住所録がそのままなのでしょうね。
名前を間違えるということは書状等のやり取りで一番失礼なことだと教えられてきたのだが・・・。

なぜこのような間違いがおきるかと言えば、現役時代は転勤族で2〜3年で日本全国またにかけ転勤をしていたのだ。
その際住所録整備の段階で書き間違いをしたのだと思うが、30年間は長すぎませんかね。

何人かの方との賀状のやり取りをもうやめようかなと考えることもあるが、なかなか決心がつかないものである。
ただ来年からは2年以上1月7日以降来る人には遠慮しようと思っている。
それがお互いのためと言えるかもしれない。

余った年賀状の引き取りが1枚につき5円だそうだ。
郵政省も相当がめついと思いませんか。
正月を過ぎ未使用の賀状は懸賞用の応募はがきにしか使えませんよね。
今年も懸賞はがきをたくさん準備したからな・・・女房殿!

posted by 木漏れ日 at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする