2017年06月24日

麻央さんのブログは子供たちに対する心の叫びだ!

 闘病ブログで話題を集めていたフリーキャスターで歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(39)の妻でもあった小林麻央さんが22日に亡くなっていた。
 麻央さんは先月29日、自身のブログで、退院して在宅医療に切り替えたことを報告。病状や家族とのやり取りなどを更新し続けていた。亡くなる2日前の6月20日にも、母に絞ってもらったというオレンジジュースと笑顔の写真をアップし、
「皆様にも、今日笑顔になれることがありますように」とつづっていた。
これが最後のブログとなったという。
 私は260万人の読者を持ち私的なことまで詳しく公開する彼女と海老蔵さんには奥さんの病院代を稼ぐのに必死なんだろうな程度の冷めた見方をしていた。
しかし今 彼女が亡くなって彼女が書き続けたブログの意味を考えると、彼女の家族特に幼い二人のお子さんに対する悲しくも深い愛情が感じられるのである。

 人間終末が近づくと何かを残さなければという摂理に駆られるものである。
幼くして母親を亡くし周りにはおばあちゃんやおばさんがいて、子供たちに愛情をいっぱい注いでくれるであろうが本当の母親の愛ではない。
しからばどうする。
 芸能人ということから写真や動画は山ほどあるであろうが、おかあさんの心の叫びを形で残したいそれを残せるのは日々のブログの立ち上げであろうと考えたに違いない。
これは将来も子供たちの心の支えになるであろうし、きっと子供たちを励まし力強く生きる指標を与えてくれるに相違ないと思うし、そうあって欲しいと願うのは私だけであろうか。
「おチビちゃんたちよ 負けずに頑張れよ!」
今はこれだけしか言葉が見つからない私でした・・・。
posted by 木漏れ日 at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

4年ぶりの墓参り

 兄たちは後期高齢者の域に入り、それぞれが病院通いの日々を送っていた。
帰ったその日に墓参りをし、主要な行事を終わらせた。
 兄弟が会社の事務所に集まり、ヒマに任せてそれぞれの健康状態や昔の友人たちの近況について話してくれたが、この4年間に多くの知人がなくなり、同級生の何人かが病気に苦しんでいることを知り暗澹たる思いになった。

 翌早朝 女房の勧めもありバカチョンカメラをもって散策に出かけた。
まずは子供の頃よく遊んだ神社にお参りをしてから街なかを歩いた。
我が街の老舗と言われる店の多くが潰れて店じまいをしており、細々と商売はしていてもそこに勢いは感じられなかった。
通りで一軒だけ元気に見えたコンビニもオーナだった同級生のご夫妻が病に倒れ、この4月引退をして自宅で療養しているとのこと。お会いせずに帰ってきた。
 学生時代にゴムボートで川下りに初めて成功し快挙だと新聞に載ったこともあったが、その川も護岸工事で綺麗に整備されていて昔のあの風倒木に満ち溢れ野趣に満ちた面影もなくなっていた。

 ただひとつの救いは昔のお嬢さんが重い病気にもめげず喫茶店を経営し、同級生の撮った写真展を開いたり、同期生同士が世間話のできる『たまり場』を提供していることであった。健康に留意して同期生のためにも続けてほしいものである。
posted by 木漏れ日 at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする