2009年03月19日

イチロー 復活の3塁打は良かったね!

WBCは18日、サンディエゴで2次ラウンド1組の敗者復活2回戦が行われ、日本は5―0でキューバに快勝し、準決勝進出を決めた。日本は19日(日本時間20日)の同組1位決定戦で、韓国と今大会4度目の対戦をする。

今日は新しい仕事関連の情報収集に出かけようかどうしようかと迷ったが、
対キューバ戦は何としてでも勝利を得なければならないという「日本人としての使命感」に燃え、TVの前にドッカリと座ってしまった。

実は1W後に同じようなイベントがあることを良いことに易(やすき)に流れてしまったのだ。
先発の岩隈久志(楽天)が6回を5安打無失点、実にメリハリのある素晴らしい投球を披露した。さすが21勝の沢村賞投手である。
7回から杉内俊哉(ソフトバンク)が3回を無安打に抑え、これもまた気合の入った素晴らしい内容であった。

打においては青木宣親(のりちか)(ヤクルト)が4打数3安打で得点に絡む大活躍、
今日の収穫はイチロー、5打数2安打一打目は高いバウンドで一塁手の頭を抜き、2打目の3塁打はイチローの復活を祝うかのような見事なヒットであった。

さすがに昨日の対韓国戦の惨敗は、悔しくてブログも書く気が起こらずフテ寝をしてしまった。
正直2回もキューバに勝つとは思えず「WBCも御名御璽(ぎょめいぎょじ)」と覚悟したが本当に良かった。イチローさえ復活すれば韓国は怖くない。
決勝ラウンドでの世界一が見えてきた。
サアーこれから祝杯を挙げるぞと無邪気に騒ぐWBC親爺でした。
posted by 木漏れ日 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

イチロー 韓国
Excerpt: 大リーガーイチローの少年時代商品価格:1,260円レビュー平均:4.25WBC ごめんよイチローごめんねイチロー♪ なーーーに、 『ごめんねジュリエット♪』 みたいに 言ってんだよぉー 朝は、ヒドいこ..
Weblog: youtube動画☆最新ニュースblog
Tracked: 2009-03-20 03:34