2012年02月13日

ゴリゴリと歯医者

我が家には”ゴリゴリ“と呼ばれている一家の健康を守るサポーターがいる
彼は10年来誠実に務めを果たしている
風邪をひいたとき、雪かきで疲れたとき、単純に眠いとき等
思い切り背中の曲りを引き延ばしてくれる
彼のまな板に乗り行動開始をしてから5分と待たず深 い眠りに引き込んでくれる

最近金属疲労と思われる部品の故障からか、
マッサージ器の揉み手がバランスを欠いて、頭から背中にかけてこねくり回されることが多くなってきた
それでも女房と私にとっては掛け替えのないお友達なのだ

ところが私にとってはこのマッサージ器に寝る角度が大きな問題になっているのだ
私が10年来通う歯医者の治療台と我が家のマッサージ器の角度が同じ状態であり、
ピタッとはまってしまうのである
ゴリゴリの角度と歯医者の治療台
治療の状態を想像してほしい
ゆったりと仰向けに寝て、目をつぶり口を開いて治療をしてもらう
今日は寝ないようにと気を張っているが、いつの間にか夢うつつの状態に陥るのだ
口をあけているということは“いびき”をかくということである

今日も又やってしまった
いつもの看護師に言い訳をする
「失礼しました! 最近疲れることが多いので・・・」
本当は疲れているのではなく、
マッサージ器の角度と治療台の角度が同じでなのであり
条件反射的な睡眠態勢に入るだけなのだ
歯医者の行くたびに"ごめんなさい"は困ったもんだ・・・
posted by 木漏れ日 at 17:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
面白い
Posted by 中山 at 2012年05月12日 22:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック