2016年10月12日

プッツン爺さん

 周りを見るとすぐにカッカするお年寄りが目につく。
何でそんなにすぐキレるのと若いころは疑問に思っていた。
私もヒト並みに無駄な歳月を過ごし、それなりの歳になった時にハタと気が付いたが、自分もキレやすくなっていたのだ。
後で考えるとつまらないことで他人様に不快な思いをさせていたことがあった。
「あ〜ぁ 俺も怒れる年寄りになったか・・・」とため息をつく。

 病院の待合室の出来事
歳のころは古希を過ぎた車いすの爺さん。
糖尿病を患っているらしく経口薬とインスリン注射の処方を看護師から受けていた。
ところがこの爺さん突然大きな声で看護師を叱りつけた。
「お前は何をやっているんだ」
「注射針がいつもと違うじゃないか。俺のは青い箱に入っている奴だ。それは緑の箱じゃないか」
「すぐ取り換えて来い!」
 看護師は慌てて注射針の交換に走った。
その間5分ほど
 爺さんの独白
「注射針を間違えるなんてとんでもない奴だ」
「これは命にかかわることだ・・・」
「あの看護婦は何を見ているんだ! まったく!!!」
これを延々と聞かされていささか疲れてしまった。

 年寄りは何故すぐキレるのか・・・。
・若い時と違ってパッパッと行動に移せない。
・物忘れが多い。
・プライドの高い人ほど失敗を懼れる。
・他人から指摘されるのが嫌なので絶対間違いをしたくない。
・間違いが嫌なのでしつこく何度も確認する。
・自分は完全を求めて努力しているため、他人の失敗が許せない。
・思い込みが激しく頑固。
等々 色々あるでしょうが、”年寄り扱いをされたくない” に尽きるでしょう。
年をとっても何を言われても”平常心・・・平常心”
都合の悪い時は”聞こえないふり”
これが一番ですぞ! ご同輩!



posted by 木漏れ日 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック