2016年10月21日

「土人」発言の機動隊員に同情する

沖縄県の米軍北部訓練場のヘリパッド移設工事をめぐり、現場を警備する大阪府警の警備隊員が工事反対派に「土人」と発言したことが問題になっている。
 だが反対派のプロ市民と言われる人たちの罵詈雑言はいつものパターンであるが記事にはなっていない。

 ニュースやユーチューブ等で見る反対派の罵詈雑言と言おうか悪態は聞き捨てならないものがある。
 ある沖縄県警の機動隊員は反対派の活動家から「おまえの子供を学校に通わせなくしてやる」「八つ裂きにしてやる」と言われたと明かす。休日に家族と買い物をしていると、出くわした反対派から「こんなところで何をやっているんだ」と難癖をつけられたこともあるという。

 沖縄返還時、自衛隊員の家族に対して市役所の職員が住所変更届を受け付けなかったり、教員が自衛官の子弟に対し人殺し発言をしたりしたことを思い出す。
唯の言葉遊びではなく、実行に移すのが沖縄であることを知っている今回の暴言を吐いた機動隊員は、日ごろのこうした状況に耐えられなかったのかもしれないと同情する。

 左翼の人たちは相手に対して聞くに堪えない悪口をたたいても自分たちに対する攻撃は許さないというパターンは在日からの日本へのヘイトスピーチは許すが、自分たちへの攻撃は許さないというマスコミ。
蓮舫、山尾志桜里、福島瑞穂、辻元清美の4熟女に対する反論はもっての外という空気観。
皆さんはどう考えますか!!!。
posted by 木漏れ日 at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442986883
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック