2017年01月16日

年賀状は"年に1度のご挨拶"

年賀状を出す人が平成15年を境に年々減っているという。
昔勤務地が一緒だったというだけで何十年と賀状交換が続いている人。
旅先であった人は顔も忘れているのに、「お元気ですか」の添え書きだけの付き合いの人もいる。
老齢のため来年からの賀状は失礼させてもらいます。と断りを入れてくる人もおり、若干寂しさを感じることもある。

一番困るのは名字だけは正しいが名前を間違えてくる人。
この人には過去に一度だけ宛名をご確認してくださいと添え書きをしたが、相変わらず名前を間違えたまま来る。きっとPCの住所録がそのままなのでしょうね。
名前を間違えるということは書状等のやり取りで一番失礼なことだと教えられてきたのだが・・・。

なぜこのような間違いがおきるかと言えば、現役時代は転勤族で2〜3年で日本全国またにかけ転勤をしていたのだ。
その際住所録整備の段階で書き間違いをしたのだと思うが、30年間は長すぎませんかね。

何人かの方との賀状のやり取りをもうやめようかなと考えることもあるが、なかなか決心がつかないものである。
ただ来年からは2年以上1月7日以降来る人には遠慮しようと思っている。
それがお互いのためと言えるかもしれない。

余った年賀状の引き取りが1枚につき5円だそうだ。
郵政省も相当がめついと思いませんか。
正月を過ぎ未使用の賀状は懸賞用の応募はがきにしか使えませんよね。
今年も懸賞はがきをたくさん準備したからな・・・女房殿!

posted by 木漏れ日 at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445977286
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック