2017年06月11日

4年ぶりの墓参り

 兄たちは後期高齢者の域に入り、それぞれが病院通いの日々を送っていた。
帰ったその日に墓参りをし、主要な行事を終わらせた。
 兄弟が会社の事務所に集まり、ヒマに任せてそれぞれの健康状態や昔の友人たちの近況について話してくれたが、この4年間に多くの知人がなくなり、同級生の何人かが病気に苦しんでいることを知り暗澹たる思いになった。

 翌早朝 女房の勧めもありバカチョンカメラをもって散策に出かけた。
まずは子供の頃よく遊んだ神社にお参りをしてから街なかを歩いた。
我が街の老舗と言われる店の多くが潰れて店じまいをしており、細々と商売はしていてもそこに勢いは感じられなかった。
通りで一軒だけ元気に見えたコンビニもオーナだった同級生のご夫妻が病に倒れ、この4月引退をして自宅で療養しているとのこと。お会いせずに帰ってきた。
 学生時代にゴムボートで川下りに初めて成功し快挙だと新聞に載ったこともあったが、その川も護岸工事で綺麗に整備されていて昔のあの風倒木に満ち溢れ野趣に満ちた面影もなくなっていた。

 ただひとつの救いは昔のお嬢さんが重い病気にもめげず喫茶店を経営し、同級生の撮った写真展を開いたり、同期生同士が世間話のできる『たまり場』を提供していることであった。健康に留意して同期生のためにも続けてほしいものである。
posted by 木漏れ日 at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック