2017年07月17日

渡辺謙の不倫会見

世界の大スター 渡辺謙が21歳年下の女性と不倫した件について釈明会見をTVでしていた。
映画「ラストサムライ」「硫黄島からの手紙」などで知られる俳優・渡辺謙(57)に一般女性との不倫疑惑が浮上した。
 2月18日(現地時間)、ニューヨークのセントラルパークで渡辺は、一般女性のA子さんと“手つなぎデート”を楽しんでいた。さらに2日後には、中華料理店でディナーを共にしていたことが確認されている。この時、渡辺の妻・南果歩(53)はニューヨークを離れ、サンフランシスコに滞在していた。
 文藝春秋の取材によれば、A子さんは現在36歳。2人は2013年8月末、大阪で出会ったという。

TVでなじみの女性リポータが20人余り
その質問内容の執拗さとくだらなさに見るほうも辟易し、世界の渡辺謙も形無しの体をしていた。
 会見の途中でチャンネルを変えたが、最近のマスコミは夫婦間の問題にまで微に入り細に入り面白おかしく取り上げればよいという風潮があり、民度の低さが気になる。
 女性というものにはこの辺で止めておこうという武士の情けがなく、やりだしたらとことん追い詰める傾向がある。男のようにこの辺でやめておこうといういい加減さがないのが致命傷となることもある。
よく言えば真面目さ、悪く言えば執拗さである。
得てして女性リポータの取材はくどいだけであり、男性リポータはいい加減さが出ており面白いかもしれないね。
ただ言えることは女性リポータにだけは取材されたくないものだ。
”御焼き場まで悪いことをしない限り取材されることはありませんので心配ありません”と身近な人が・・・。
posted by 木漏れ日 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック