2017年10月28日

早朝勤務は外国人

台風接近の状況の中、名古屋観光
びしょ濡れの名古屋城見学
当日は名古屋まつりということもあって、入場料がタダ。
雨の中、携帯用の小さな傘をさして天守閣入り口に行ったが、
これもタダ観の観光客が列をなす。
入場まで30分はかかるというので天守閣見学は止めてホテルに帰る。
シャワーを浴びてひと眠り。
夜になったので、名物の”ひつまぶし”を初めて頂き帳面を消す。
そのあと栄町のドン・キホーテを散策、
1Fはお菓子のオンパレードで先日TVでやっていたキットカットがズラリ、
キットカットの日本酒版、抹茶版等十数種類の珍品に中国人が群がっていた。
買い物かごにはお菓子がビッシリ。

 次の朝も雨が止まず、濡れながら名古屋名物のモーニングサービスを求めてコメダのコーヒー店へ。
0700 シャッターの開くのを待って入店、さっそく小倉アン付きのトーストとコーヒーを注文。
コメダと言えば、「シロノワール」と言うぐらい、全国的にも認知されつつある「シロノワール」。ひときわサクサクふんわり焼いたデニッシュパンの上にたっぷりのソフトクリーム。これは美味しかった。
 やけに愛想の好い東南アジア風の店員。
お話をしてみるとミャンマーから来て4年の留学生という。それにしては日本語が上手とほめる。
頑張れよと声をかけ店を出る。

 その後ローソンによって飲むヨーグルトを求めホテルに帰る。
道すがら女房が「あの店員さんも外国の人だね、ネームプレートに” 涂”と書いてあったから中国か台湾の人だね」という。
言葉に違和感がなかったので私は気が付かなかったのだ。
 そういえば早朝や深夜に働く日本人がいなくなったと聞いたことがある。
日本人は段々甘ちょろくなって、いまに使い物にならなくなるかもしれないねと思うのはわたしだけだろうかねぇ・・・。
posted by 木漏れ日 at 15:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

6年ぶりの長崎の街

 特急白いかもめ25号に乗っての長崎行き。
JR九州の列車には結構乗っているが、列車内は綺麗で座席の広さも余裕があり、北海道の特急に比べたら当に雲泥の差と言える。
北海道は昔から労組が強く事故と運休ばかりのイメージだが、九州は鉄道王国快適そのもの。
これでは収益の差が出るのは当たり前。

 長崎駅周辺は観光地らしく開発されていて賑やかそのもの。
美味しいものが溢れていて、女房は嬉々として買い求めている。
今回 お土産に買い求めたのは”桃カステラ”、
これは長崎の伝統菓子で女の子のお祝いにと買い求めるもので、カステラに鮮やかな桃の砂糖菓子をあしらったもので、伝統のしっとりしたカステラと砂糖菓子の甘さのコラボが受けているようで我が家も買い求め宅急便で送ってもらったのだが・・・。
いつもながら北海道への送り賃の高いこと・・・。

 港には大きなクルーズ船が毎日入港してきて、小金持ちの中国人が浜町アーケード街を徒党を組んで歩き回っているという感じ。
すれ違う中国人の体臭に独特の油臭さがある。
あるアメリカの老婦人がこんなことを言っていたことを思い出した。
日本人に嫁いで10数年の娘と羽田空港でハグしながら
「あなたも日本人の匂いになったわね」
「だって乳製品の匂いから醤油の匂いに変わったもの・・・。」
なるほど食生活のちがいが体臭となって染みついているのだと理解した。

 タクシー運転手さん曰く、
クルーズ船は朝に入港し、夜には出港するのだそうだ。
クルーズ船は夜に港に留まらないと入港賃が安くなり、
乗客は船をホテル代わりに泊り、中国人オーナーの免税店から買い物をするのだそうだ。
タクシーを使うツアー客はいないので、我々には何の利益もないとボヤいていた。
確かに夕方には出港して行き、次の日の朝7時ごろには更に大きなクルーズ船が入港してきた。
それでもいくらかのおこぼれがあるのだろう、街としては歓迎しているようだった。
前の日に行った久留米市はシャッター街が目についたが、長崎は活気に溢れていたように感じられたのは私だけかな・・・。






posted by 木漏れ日 at 14:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする