2017年11月22日

ルール無視の白鵬よ それはないだろう!!!

22日大相撲九州場所11日目の結びの一番で、関脇嘉風に寄り切りで敗れた横綱白鵬が、土俵に戻らず軍配への不満をアピールした。
 白鵬は嘉風が勝ち名乗りを受ける土俵に上がろうとせず、首をかしげたり、腰に両手をあてたりして立ち合いが成立していないと約1分間アピールした。その後土俵に上がったが、嘉風が軍配を受けても今度は土俵を下りず、不満そうな様子を見せた。
嘉風はテレビのインタビューで、「横綱は『待った』と思って力を緩めたが、行司の『残った』の声が聞こえたのでそのまま続けた」と話していた。
これに尽きるであろう。
 立ち会いは両者ともにこぶしを付いており、ましてや白鳳は張り手をくらわしていながらも嘉風に懐に入られ、棒立ちの態勢でもろ差しにあい嘉風に投げ飛ばされたのである。
誰が見ても白鵬の言い分は通らないとみる。
大横綱と言われる白鵬が物言いは審判か控えの力士がつけると決まっていることを知らないわけはないでしょう。
”おれは大横綱だから俺の言い分を聞け!”
と言っているのと同じであり、ルール無視の最たるものである
これで一段と日本の国技たる大相撲の権威を落としたと言わざるを得ない。
せっかくだからこの際言っていくが、横綱だけが許されていると思っている”張り手”
お前たち格下が横綱に張り手をしようなんて考えるなよ・・・。という威嚇
昔 横綱前田山が張り差しを得意としていたが今もって横綱らしからぬ技として今に伝わっている。
この際、横綱が張り差しを禁じ手とするか、格下のものでも思い切り横綱の顔に張り手をしてもお構いなしと奨励させよと言いたい。
「やはりモンゴル人には横綱は張らせるな!」
なんて言わせるなよなぁ・・・。
posted by 木漏れ日 at 23:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

とうとう北海道に冬が来た

11月19日(日)は相当荒れると聞き、16日にはタイヤ交換を2台、お隣との間に防雪壁を設置し準備万端整えて19日を迎えた。
18日の夕方から雪が降りだし、19日の夕には車の屋根に約30pほど積もった。
これで私も腹が決まり雪かきを始め、積もった雪は歩道に山と積み上げ、1時間弱で除雪完了。
残念なことに除雪業者の契約は12月1日から3月15日までであり、俺たちには関係ありませんとほくそ笑んでいた事であろう・・・。
 久しぶりの肉体労働は1日・2日後にあっち痛いこっち痛いが出るもの、いつものリハビリコースにお世話になった。
今日(21日)の状況は車通りの多い国道はある程度解けているが、道道・市道はカッチカチのアイスバーン状態いつもの10%減のスピード、女房には冬道運転の講釈を言いつつ自分なりに確認しながらの冬道運転。
TVで見る限り札幌の繁華街はビルの谷間で氷は解けず、皆さんへっぴり腰で歩いている。
朝のウォーキングはお休みとする理由が見つかった。
posted by 木漏れ日 at 10:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする